SEのための転職サポートセンター

TOPICS

CATEGORY

転職の準備は入念にしよう

転職の準備は入念にしよう

転職したい気持ちはあるけど、失敗したらどうしよう。本当に状況が良くなるのか。など、様々な不安がつきまとってなかなか一歩が踏み出せない・・・。まずは、そんなシステムエンジニアの不安解消につながる記事を紹介し、背中を押してみたいと思います。システムエンジニアの転職活動は、徹底的に自己分析をする、丁寧に履歴書を作成するなどの入念な準備と、ポジティブ思考、緻密なスケジューリングなどが成否をわけるポイントになります。

転職の準備は入念にしよう

考え方をポジティブに 考え方をポジティブに

システムエンジニアが転職を考える動機は多種多様ですが、大きくいって「環境への不満」か「野心」に分けることが可能です。とはいえ、得られるものに対して賭け金も多く、心に不安が生じるのは、むしろ当たり前だと言えるでしょう。履歴書を準備するだけでも、それなりの時間と面倒を要しますし、システムエンジニアとしての評価を市場にさらすことは、それだけで試練とも言えるからです。結果に対するフォーカスを変え、目的を見直し、マインドセットを切り替えることでポジティブな思考に目覚め、不安を乗り越えやすくなります。

続きはこちら

目標とする未来を描こう 目標とする未来を描こう

転職成功には入念な準備が必要ですが、その準備の中身(質)も大切です。ただ闇雲に動くのでは非効率です。何を準備すればよいのかを知るために、まず自分がどうなりたいのか、理想の未来像を描いてみましょう。その未来像と、現在の自分の間にあるギャップを細かく書き出すことによって、今やるべきことが見えてきます。漠然と悩んでいると解決策も見えずにネガティブになりがちですが、理想の未来像に近づくために必要なものが明確になることによって解決の糸口が見えるため、不安解消にも効果的です。

続きはこちら

スケジュールは逆算方式で スケジュールは逆算方式で

システムエンジニアの転職を成功させるカギとなるのは、活動のスケジュールを立てることです。活動を始めてから転職先が決まるまでには、最短でも1ヶ月、長ければ半年以上かかることもあります。求人募集は次々に新しいものが出てくるためつい優柔不断に目移りしがちですが、目標を定めずにダラダラと続けていてもあまり良い結果にはつながりません。転職活動も日々の業務と同じで、短期間で成果を出すためにはスケジュール管理が大切なのです。計画を立てる際は、まずゴールを自分で設定し、そこから逆算方式でスケジュールを組みましょう。

続きはこちら

失敗から見える大事なこと 失敗から見える大事なこと

転職活動を続けていてなかなか結果が出ない場合、一度立ち止まって考える時間を作ってみましょう。まずは転職するべきなのかを確認してみます。きちんと考えた上でのことだったのかを確認します。次に何を改善したかったのか優先順位をつけて確認してみます。頭の中で考えるだけでなく紙などに書き出してみましょう。最後に、転職活動を復習して再活用するようにしましょう。書類審査や面接でどうして落とされたのかを確認して対策を考えるようにします。これらの対策は自分を確認することもできるので無駄にはなりません。

続きはこちら

NEW

独立なら案件紹介サイトの活用を推奨

システムエンジニアとしてキャリアアップを目指すなら、転職にこだわらず、フリーエンジニアとしての独立を視野に入れて考えてみるのも良いでしょう。フリーエンジニアとして成功すれば、会社員の2倍近くの収入を得ることも可能です。システムエンジニアとして独立する場合、不安になるのが案件獲得できるかどうかということですが、仕事探しはフリーエンジニア専門エージェントに任せるのがベストです。自分自身で営業活動に労力をさくよりも、よほど効率よく高単価な案件を獲得できます。MORE

スケジュールは逆算方式で

在職中に転職活動をするという人が多いと思いますが、今の職場で仕事をしながら転職活動もするというのは案外忙しいものです。効率よく進めるためには、活動スケジュールを作っておくと良いでしょう。ここでひとつポイントとなるのは、スケジュールは逆算方式で立てるということです。転職をするということは今の会社を退職するということですから、退職に適したタイミングをまず考えなければなりません。ベストな完了時期をまず目標値として設定し、そこまでに終わらせるためにはいつまでに何をすればよいのかという逆算式でスケジュールを立てましょう。MORE

新しい業務で幅が広がる

システムエンジニアにとって恐れるべきはキャリアやスキルの停滞です。日々の業務の中でスキルアップの機会に恵まれず、日々同じ業務ばかりを続けていると、スキルアップの意欲も減退し、キャリアは停滞してしまいます。そうなるとシステムエンジニアとしての人材価値も下がってしまいます。ひとつの会社に長くいて同じ業務しかできそうにないなと思う場合は、転職によって新しい業務にチャレンジするという選択肢を検討してみてください。MORE

FEATURE

見合った対価を勝ち取る

ITエンジニア業界は常に人手不足と言われてきましたが、近年ますますその傾向が強くなっています。つまり、エンジニアからみれば完全な売り手市場ということです。長く同じ企業で働き続けて年収アップを期待しても、一気に跳ね上がることはそうありません。微増の蓄積を待つよりも、転職で一気にアップした方が効率が良いことは確かです。ある程度のスキルや実績があるシステムエンジニアであれば、キャリアアップ転職を実現させるチャンスは多々あります。この状況を活かさない手はありません。MORE

履歴書で採用担当を唸らせる

転職活動の書類選考で必ず必要になる書類が、履歴書です。社会人の転職では履歴書の他に職務経歴書も添付します。業務実績やスキルなどは職務経歴書の方にわかりやすく記載することになります。職務経歴書には力を入れる人が多いと思いますが、履歴書は形式的な書類として手を抜いてしまう人がいるようです。ですが、実は履歴書は、その人の印象や人となりのようなものが現れる書類です。つまり、面接前の第一印象は履歴書だということです。採用担当者の目をひく「作成のポイント」を紹介します。MORE

目標とする未来を描こう

転職を成功させるための第一歩となるのが、「自分自身の考え方を明確に整理すること」です。何のために転職をしようとしているのか、目的は明確になっていますか?自分の考え方を整理するための具体的な手段のひとつが、「目標とする未来を描く」ことです。自分は将来どうなりたいのか、理想の姿をまず描いてみてください。その理想や目標と現状のギャップを把握した上で、いま転職することがそのギャップを埋める手段となりえるかどうかを冷静かつ客観的に判断しましょう。MORE