SEのための転職サポートセンター

TOPICS

CATEGORY

見合った対価を勝ち取る

見合った対価を勝ち取る

検討している人は多い

システムエンジニアとして働いている方々は、他の職種で働いている人たちよりもかなり高い年収をもらっています。それにも関わらず、転職を考えているという人は多いようで、具体的に行動に移すところまでは行ってないものの「もし転職できたら…」と考えたことのあるような潜在的な人たちを含めるとその数は相当いると思われます。
高い年収でありながら転職を希望しているシステムエンジニアが多いのはどうしてなのでしょうか。システムエンジニアの年収はたしかに他と比べて高いのですが、他の企業で働いている人たちと比べて労働環境などに恵まれていないことがあるためそれだけの対価を得られていないと考えている人が多いというのがその理由のようです。また、年収についての確実性がないという面も潜在的な転職希望者が多い理由の一つになっているようです。ですから、現在勤務しているところで高い年収が保証され、なおかつ労働環境が改善されない限りは、意識してしまうということに繋がってしまうのです。

年収も労働環境も改善が見込める

そういった不安感を持っている潜在的な転職希望者の方々は、実際に転職をする方向で考えてみてはいかがでしょうか。システムエンジニアで働いている人が自分の能力を本当に評価しているところに転職すれば、年収がかなり上がることが見込まれます。また、労働環境についても現在勤務しているところよりも改善される可能性があります。
しかし、せっかく履歴書を書いて行動に移しても、転職先が自分の能力を評価してくれなければまったく意味がありません。今よりも年収や労働環境などが悪化するとなると何のためにするのかわからなくなりますから、転職先候補になる会社をきちんと調査して吟味する必要があります。

会社に貢献できる人たちが生き残る

最近では勤めた会社をすぐ辞めてしまったり、転職を繰り返すような人たちが増えてきています。また、フリーターも増加しています。一方で従来の日本を考えると、終身雇用制のように一度会社に勤めたら最後までその会社で働くというのが当たり前でした。そういった考えを今でも持つ年配の方々からすると、上に挙げたような行為はよく見られないようです。
しかし今の時代、会社が重視しているのは、その人が会社に貢献して利益を上げられるかどうかです。そのため仕事のできない人たちはリストラされるなどして結局は会社に貢献できる人たちが生き残れる状態になっています。昔でしたら「会社のために働こう」という意欲を社員側が持っていたのが、今では会社側が「会社のためにならないのなら」と考える時代になっているのです。

システムエンジニアは転職を考えよう

自分のスキルに見合った報酬をもらいたい。そして今よりも良い労働環境で仕事をしたい。あなたがもしそう考えているのであれば転職してみましょう。システムエンジニアが自分のスキルを本当に評価してもらえれば、今よりも相当良い待遇をされる可能性は高いのです。実力が評価される時代なのですから、実力をきちんと評価してもらいましょう。

NEW

独立なら案件紹介サイトの活用を推奨

システムエンジニアとしてキャリアアップを目指すなら、転職にこだわらず、フリーエンジニアとしての独立を視野に入れて考えてみるのも良いでしょう。フリーエンジニアとして成功すれば、会社員の2倍近くの収入を得ることも可能です。システムエンジニアとして独立する場合、不安になるのが案件獲得できるかどうかということですが、仕事探しはフリーエンジニア専門エージェントに任せるのがベストです。自分自身で営業活動に労力をさくよりも、よほど効率よく高単価な案件を獲得できます。MORE

スケジュールは逆算方式で

在職中に転職活動をするという人が多いと思いますが、今の職場で仕事をしながら転職活動もするというのは案外忙しいものです。効率よく進めるためには、活動スケジュールを作っておくと良いでしょう。ここでひとつポイントとなるのは、スケジュールは逆算方式で立てるということです。転職をするということは今の会社を退職するということですから、退職に適したタイミングをまず考えなければなりません。ベストな完了時期をまず目標値として設定し、そこまでに終わらせるためにはいつまでに何をすればよいのかという逆算式でスケジュールを立てましょう。MORE

新しい業務で幅が広がる

システムエンジニアにとって恐れるべきはキャリアやスキルの停滞です。日々の業務の中でスキルアップの機会に恵まれず、日々同じ業務ばかりを続けていると、スキルアップの意欲も減退し、キャリアは停滞してしまいます。そうなるとシステムエンジニアとしての人材価値も下がってしまいます。ひとつの会社に長くいて同じ業務しかできそうにないなと思う場合は、転職によって新しい業務にチャレンジするという選択肢を検討してみてください。MORE

FEATURE

見合った対価を勝ち取る

ITエンジニア業界は常に人手不足と言われてきましたが、近年ますますその傾向が強くなっています。つまり、エンジニアからみれば完全な売り手市場ということです。長く同じ企業で働き続けて年収アップを期待しても、一気に跳ね上がることはそうありません。微増の蓄積を待つよりも、転職で一気にアップした方が効率が良いことは確かです。ある程度のスキルや実績があるシステムエンジニアであれば、キャリアアップ転職を実現させるチャンスは多々あります。この状況を活かさない手はありません。MORE

履歴書で採用担当を唸らせる

転職活動の書類選考で必ず必要になる書類が、履歴書です。社会人の転職では履歴書の他に職務経歴書も添付します。業務実績やスキルなどは職務経歴書の方にわかりやすく記載することになります。職務経歴書には力を入れる人が多いと思いますが、履歴書は形式的な書類として手を抜いてしまう人がいるようです。ですが、実は履歴書は、その人の印象や人となりのようなものが現れる書類です。つまり、面接前の第一印象は履歴書だということです。採用担当者の目をひく「作成のポイント」を紹介します。MORE

目標とする未来を描こう

転職を成功させるための第一歩となるのが、「自分自身の考え方を明確に整理すること」です。何のために転職をしようとしているのか、目的は明確になっていますか?自分の考え方を整理するための具体的な手段のひとつが、「目標とする未来を描く」ことです。自分は将来どうなりたいのか、理想の姿をまず描いてみてください。その理想や目標と現状のギャップを把握した上で、いま転職することがそのギャップを埋める手段となりえるかどうかを冷静かつ客観的に判断しましょう。MORE