SEのための転職サポートセンター

TOPICS

CATEGORY

志望動機は一貫性を持たせる

志望動機は一貫性を持たせる

志望動機を書く前にするべきこと

転職活動をする上で必ず必要になるのが志望動機の記入ですが、志望動機を書く前にやっておかなければいけないことがあります。それは企業の研究です。どうして最初に企業研究をするべきなのか、ここでは説明したいと思います。
みなさんの中に、あらかじめテンプレートのようなものを用意しておいて、どの会社の履歴書にも同じような志望動機を書いているという方はいないでしょうか。そういった方のものはとても抽象的で具体性がないはずです。「将来性を感じて応募しました」とか「企業理念に共感しました」といった表現だけでは企業側にとって説得力がないため、その人を選ぼうという気持ちには繋がっていきません。
もし企業の将来性に着目したのであれば、具体的にどういうところに将来性を感じたのかを説明するようにしましょう。そして自分が持っているビジョンも語り、自分はシステムエンジニアとしてその企業に貢献できる人材であるという「自分の必要性」をアピールするようにします。そのためには企業研究をしっかりしておく必要があります。企業の理念や関わっている事業などをインターネットで調べることはもちろんですが、同じ業界の他社ではなくどうしてその企業を選んだのかも説明できるように他社についても研究する必要があります。

アピールするべきポイント

企業が中途採用する際、人材に求めているのは早い段階で戦力になり得るかどうかです。ですから自分が企業に対して貢献できる経験やスキルはどんどんアピールするようにしましょう。ただスキルなどを書くだけでなく、そのスキルを使って企業にどういった貢献ができるのかというところまで具体的に書くようにしましょう。

企業が判断するポイント

企業によってはあなたの志望動機を見て、自分たちの方向性とあなたの方向性とが合致しているかどうかを確認するところがあります。企業のビジョンや目標とあなたのビジョンや目標が合致していれば、これから先の長い間企業に貢献してくれるだろうと思うからです。目標が同じであるということは企業にとってもあなたにとっても重要なことです。目標が同じであれば、多少困難なことがあっても一緒に頑張っていけるだろうと判断する採用担当者もいるため、目標についても具体的に記入するようにしましょう。

転職理由とを照らし合わせてみる

志望動機は転職理由と照らし合わせ、矛盾などがないかなどを確認する必要があります。例えば勤務時間が長すぎることが理由だったのに、志望動機にそれと矛盾するようなことが書かれていると採用担当者に一貫性がないと見られるばかりか、そもそも転職する必要があったのかどうかということにもなってきます。理由をもう一度振り返って確認して、志望動機と一貫性があるかどうか確認してみましょう。

NEW

独立なら案件紹介サイトの活用を推奨

システムエンジニアとしてキャリアアップを目指すなら、転職にこだわらず、フリーエンジニアとしての独立を視野に入れて考えてみるのも良いでしょう。フリーエンジニアとして成功すれば、会社員の2倍近くの収入を得ることも可能です。システムエンジニアとして独立する場合、不安になるのが案件獲得できるかどうかということですが、仕事探しはフリーエンジニア専門エージェントに任せるのがベストです。自分自身で営業活動に労力をさくよりも、よほど効率よく高単価な案件を獲得できます。MORE

スケジュールは逆算方式で

在職中に転職活動をするという人が多いと思いますが、今の職場で仕事をしながら転職活動もするというのは案外忙しいものです。効率よく進めるためには、活動スケジュールを作っておくと良いでしょう。ここでひとつポイントとなるのは、スケジュールは逆算方式で立てるということです。転職をするということは今の会社を退職するということですから、退職に適したタイミングをまず考えなければなりません。ベストな完了時期をまず目標値として設定し、そこまでに終わらせるためにはいつまでに何をすればよいのかという逆算式でスケジュールを立てましょう。MORE

新しい業務で幅が広がる

システムエンジニアにとって恐れるべきはキャリアやスキルの停滞です。日々の業務の中でスキルアップの機会に恵まれず、日々同じ業務ばかりを続けていると、スキルアップの意欲も減退し、キャリアは停滞してしまいます。そうなるとシステムエンジニアとしての人材価値も下がってしまいます。ひとつの会社に長くいて同じ業務しかできそうにないなと思う場合は、転職によって新しい業務にチャレンジするという選択肢を検討してみてください。MORE

FEATURE

見合った対価を勝ち取る

ITエンジニア業界は常に人手不足と言われてきましたが、近年ますますその傾向が強くなっています。つまり、エンジニアからみれば完全な売り手市場ということです。長く同じ企業で働き続けて年収アップを期待しても、一気に跳ね上がることはそうありません。微増の蓄積を待つよりも、転職で一気にアップした方が効率が良いことは確かです。ある程度のスキルや実績があるシステムエンジニアであれば、キャリアアップ転職を実現させるチャンスは多々あります。この状況を活かさない手はありません。MORE

履歴書で採用担当を唸らせる

転職活動の書類選考で必ず必要になる書類が、履歴書です。社会人の転職では履歴書の他に職務経歴書も添付します。業務実績やスキルなどは職務経歴書の方にわかりやすく記載することになります。職務経歴書には力を入れる人が多いと思いますが、履歴書は形式的な書類として手を抜いてしまう人がいるようです。ですが、実は履歴書は、その人の印象や人となりのようなものが現れる書類です。つまり、面接前の第一印象は履歴書だということです。採用担当者の目をひく「作成のポイント」を紹介します。MORE

目標とする未来を描こう

転職を成功させるための第一歩となるのが、「自分自身の考え方を明確に整理すること」です。何のために転職をしようとしているのか、目的は明確になっていますか?自分の考え方を整理するための具体的な手段のひとつが、「目標とする未来を描く」ことです。自分は将来どうなりたいのか、理想の姿をまず描いてみてください。その理想や目標と現状のギャップを把握した上で、いま転職することがそのギャップを埋める手段となりえるかどうかを冷静かつ客観的に判断しましょう。MORE