SEのための転職サポートセンター

TOPICS

CATEGORY

転職サイトの活用で非公開求人をゲット

転職サイトの活用で非公開求人をゲット

非公開求人を受けられる

エージェントを使うことで得られる一番大きなメリットは、非公開求人を得られることでしょう。転職エージェントには「非公開求人」と呼ばれる求人が数多くあります。エージェントに登録すればこれらの非公開求人を得られるので、一般に公開されている求人だけで転職活動を行うよりもはるかに有利になります。
企業が非公開求人とする理由はいくつかあります。まずは、企業が新規事業を立ち上げる際に競合他社に求人情報を知られないよう進めたいケースです。非公開求人にすれば相手に知られないように新規事業を進めることができるようになります。他にも人材の選考に関わる負担を減らしたい場合や、多くの人材から絞るのではなく望んでいる条件に合致する人材から選びたいといった場合にも非公開求人にすることがあるようです。リストラなどを行った後に人材を採りたい場合、一般の目につく形で求人をすると会社に対する評判が落ちかねません。そのようなケースでも非公開求人とする場合があります。

事業戦略に直結している求人は、極秘かつ少人数の採用となるため企業ホームページの採用情報にも掲載されません。

SRCの転職エージェントからの引用

  • SRCの転職エージェントは有名なSRCグループに属しているので安心感もあり、あなたの希望・経験・スキルにあった仕事を紹介してくれるでしょう。
  • 詳細を知りたい方はこちら
  • 詳細を知りたい方はこちら

市場全体の状況を知ることができる

企業が必要とする人材は日々変化しており、これに伴い全体としての状況も変化しています。キャリアコンサルタントは全体の状況を把握していますので、エージェントに登録すればキャリアコンサルタントから自分に合った有益な情報を得ることができるでしょう。

自分のキャリアの確認ができる

自分自身にシステムエンジニアとしてのスキルやキャリアがあると思っていても、それが実際に第三者からどう評価されるかはわかりません。エージェントのキャリアコンサルタントと面談すれば、自分自身が転職市場でどのような価値のある人材であるのかを判断してもらうことができます。自分の人材としての価値は最終的には他の人が判断することですから、自分だけで判断せずに第三者の目を取り入れてみましょう。

経験豊富なキャリアアドバイザーが、あなたのキャリアアップのため徹底的にサポートします。

Engineer-Linkからの引用

  • 「Engineer-Link」は技術者、エンジニアの転職を強力にサポートしてくれ、とくにハイクラスの優良求人を探している方におすすめです。
  • 詳細を知りたい方はこちら
  • 詳細を知りたい方はこちら

書類選考や面接を通過する確率

転職活動で欠かせないのが履歴書や職務経歴書づくりです。これをキャリアコンサルタントに添削してもらえば、よりいっそう魅力的に見えるような履歴書や職務経歴書になるでしょう。また、エージェントを通して企業に書類を送る際、その人材のアピールポイントを記した推薦状があわせて送られるのですが、これもメリットになります。推薦状はキャリアコンサルタントが書くわけですから、キャリアコンサルトに対しても良い印象を持ってもらえるように普段からきちんと対応しましょう。他には面接指導を受けられるというメリットもあります。企業の面接でいきなり本番をむかえるのではなく、前もって面接指導を受けて、受け答え内容や話し方などの面接で見られる部分を改善させておきましょう。

在職しながら転職活動ができる

在職しながら平日に転職活動をするというのはなかなか難しいものです。エージェントを利用すれば面接の日程やスケジュールの調整をしてくれますので、仕事をしながらでも転職活動を進めることができます。転職が決まった後、現在の会社をきれいな形で辞めるためのアドバイスも受けることができるのもメリットです。

交渉面で企業と対等になれる

個人で転職活動をしていると、企業側が力を持っているためにどうしても立場が弱くなってしまいます。とくに給料の面などは企業に要求をしづらいものですが、代理人を挟めば上手く交渉してくれるでしょう。

NEW

独立なら案件紹介サイトの活用を推奨

システムエンジニアとしてキャリアアップを目指すなら、転職にこだわらず、フリーエンジニアとしての独立を視野に入れて考えてみるのも良いでしょう。フリーエンジニアとして成功すれば、会社員の2倍近くの収入を得ることも可能です。システムエンジニアとして独立する場合、不安になるのが案件獲得できるかどうかということですが、仕事探しはフリーエンジニア専門エージェントに任せるのがベストです。自分自身で営業活動に労力をさくよりも、よほど効率よく高単価な案件を獲得できます。MORE

スケジュールは逆算方式で

在職中に転職活動をするという人が多いと思いますが、今の職場で仕事をしながら転職活動もするというのは案外忙しいものです。効率よく進めるためには、活動スケジュールを作っておくと良いでしょう。ここでひとつポイントとなるのは、スケジュールは逆算方式で立てるということです。転職をするということは今の会社を退職するということですから、退職に適したタイミングをまず考えなければなりません。ベストな完了時期をまず目標値として設定し、そこまでに終わらせるためにはいつまでに何をすればよいのかという逆算式でスケジュールを立てましょう。MORE

新しい業務で幅が広がる

システムエンジニアにとって恐れるべきはキャリアやスキルの停滞です。日々の業務の中でスキルアップの機会に恵まれず、日々同じ業務ばかりを続けていると、スキルアップの意欲も減退し、キャリアは停滞してしまいます。そうなるとシステムエンジニアとしての人材価値も下がってしまいます。ひとつの会社に長くいて同じ業務しかできそうにないなと思う場合は、転職によって新しい業務にチャレンジするという選択肢を検討してみてください。MORE

FEATURE

見合った対価を勝ち取る

ITエンジニア業界は常に人手不足と言われてきましたが、近年ますますその傾向が強くなっています。つまり、エンジニアからみれば完全な売り手市場ということです。長く同じ企業で働き続けて年収アップを期待しても、一気に跳ね上がることはそうありません。微増の蓄積を待つよりも、転職で一気にアップした方が効率が良いことは確かです。ある程度のスキルや実績があるシステムエンジニアであれば、キャリアアップ転職を実現させるチャンスは多々あります。この状況を活かさない手はありません。MORE

履歴書で採用担当を唸らせる

転職活動の書類選考で必ず必要になる書類が、履歴書です。社会人の転職では履歴書の他に職務経歴書も添付します。業務実績やスキルなどは職務経歴書の方にわかりやすく記載することになります。職務経歴書には力を入れる人が多いと思いますが、履歴書は形式的な書類として手を抜いてしまう人がいるようです。ですが、実は履歴書は、その人の印象や人となりのようなものが現れる書類です。つまり、面接前の第一印象は履歴書だということです。採用担当者の目をひく「作成のポイント」を紹介します。MORE

目標とする未来を描こう

転職を成功させるための第一歩となるのが、「自分自身の考え方を明確に整理すること」です。何のために転職をしようとしているのか、目的は明確になっていますか?自分の考え方を整理するための具体的な手段のひとつが、「目標とする未来を描く」ことです。自分は将来どうなりたいのか、理想の姿をまず描いてみてください。その理想や目標と現状のギャップを把握した上で、いま転職することがそのギャップを埋める手段となりえるかどうかを冷静かつ客観的に判断しましょう。MORE